スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
血みどろ臓物ハイスクール
血みどろ臓物ハイスクール 著 キャシー・アッカー



01.jpg


作風のグロテスクさは、タイトルと遜色ないインパクト。
意訳かと思いきや原題は、『Blood and Guts in High School』。
ポスト・パンクの煽りと、ポルノが抜けているとつっこみたくなるほどの、性。
そのどろっどろに装飾的な構成にただ圧倒されてしまった。文字通り上から目線で、足もとすくわれて倒されました。


10歳で男と肉体関係をもつ少女ジェニー。そのインテリ顔の獣は、少女を蹂躙し続ける。ジェニーの悲劇は、その恋人でもある男が父親だったということ。
虐待の末、父親に捨てられたジェニーは、アメリカ、エジプトなどを放浪しはじめる。
その間、ジェニーの身体を通り過ぎた男達は全て獣だった。
結果、何故少女達は虐待され続けるのか。という社会問題も提起されていく。
女性蔑視問題までいきついた、少女の精神が文体とともに崩れていく様。
愛の行き着く先は、死である。
死への逃走。




〜読後
綴られた文章は、小説、詩、戯曲、ノンフィクション、感想文など、様々な形式をふんだんに使って書かれている。
その描写のほとんどは行為としてのセックスだったり、性別としての意味のセックスに関するものだ。
男性の局部を描いたイラスト、死刑囚の最後の手記のような書きなぐった意味消失している言葉の羅列など、視覚的にも攻勢な紙面。

私の常識は、比較的体制によるところがあって、刺激を求めるにも二の足を踏むばっかりで、いまいち貞操観念が抜けきれない。
体制といっても、文学的な常識ではあるが。

作品の構成は、一見、傷を見せつけるかのような異常性を感じさせる。
それは、天衣無縫といえば聞こえはいいが、子供の善意も悪意もない本能的な無邪気さに満ちていて……

作中、「マラルメ」というワードが挟まれていたが、詩の形式をとる文面だったので、ステファヌ・マラルメ(19世紀象徴派とよばれた、フランスを代表する詩人)の事なのだろう。
私もステファヌ・マラルメの詩を少しばかり通り過ぎた事はあるが、やはり難解で挫折した覚えがある。
作品の奔放さの中に著者の文芸に対する、いい意味のあざとさになっているような気がした。

退屈では決してない。
けど、キモチワルい。
それすらもすっぱり切って投げ捨てられたような読後感はキモチいい。

女バロウズかぁ。そっかぁ。



スポンサーサイト
05/08 19:59 | 書籍 | CM:0 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://kandg666.blog56.fc2.com/tb.php/6-e8d7cc5e
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 桂の木 All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。